FC2ブログ

菜の花忌


もう30年くらい前の高校生の頃でしょうか、たまたま本屋さんで手に取った一冊の本。
司馬遼太郎の『関ヶ原』。中学の頃から歴史(特に日本史)が好きでしたが、その手の本を読むといった事はありませんでした。ほんと偶然でした。が、読んでみると読みやすく、そして面白い。あっという間に司馬遼太郎のファンになってしまいました。『国取り物語』『花押』『翔ぶが如く』『世に棲む日日』『坂の上の雲』『夏草の賦』『人斬り以蔵』『功名が辻』などなど多くの作品を読みました。中でも『竜馬がゆく』は感銘を受け、当時大学生だったのですが、桂浜の竜馬像の前で半日くらい竜馬像を眺めながら“これから私は何をすべきか!”などと自問自答したのを憶えてます。(“昭和の青春”ですね~ 今では現実を生きるのみの毎日ですが・・・)殆どの本は処分しましたが、『竜馬がゆく』だけは今でも実家の物置にあります。
 
昨日2月12日はそんな私の人生を大きく左右したかも知れない?(今の時点ではまだ分かりません、人生最期に気が付くかも知れませんね。)司馬遼太郎の命日“菜の花忌”でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私も司馬遼太郎さんのファンで、若い頃ころ幕末ものを中心に読みまくりました。
私も”竜馬がゆく”が最も印象深く、大袈裟かもしれませんが人生観が変わってしまうくらいの影響を受けました。

No title

ほほう!あっしも、司馬遼太郎センセイは、好きな作家のひとり、death。いちおう、一通りは読みました。個人的には、土方歳三を描いた『燃えよ剣』が好きです。

No title

なつみかんさん、『竜馬がゆく』は大作ですね。司馬遼太郎の作品は戦国も幕末も皆傑作揃いですね。

No title

AKIOさん、『燃えよ剣』私も読みましたよ。司馬遼太郎の作品は人間描写が上手いような気がします。